Kantito

こんにちは、このブログを運営しているKantitoです。このブログでは、主に僕が好きなガジェットやファッションなどのモノについて書いたり、僕の特技であるスペイン語や僕の妻の出身地である南米のエクアドル、また海外サッカーや音楽についても書いていきます。マイペースに記事を更新していきます。よろしくお願いします!

スペイン語を勉強する前にまず知っておくべきこと

¡HOLA!

どうもこんにちは、Kantitoです。

 

北海道は最近すっかり寒くなってしまいました…

毎日ストーブを付けていないとやっていけません(^^;)

 

はい、というわけで本日は、スペイン語学習について書いてみたいと思います!

 

まず始めに、一番最初の記事でも書いたように、僕はスペイン語を約半年で使いこなせるようになりました。

語彙力はまだ当然乏しかったですが、普通に会話ができるくらいのレベルには既に達していました。

しかし語学というのは、やり方さえ間違えなければ誰でも早く上達できる、と僕は思っています!

もちろん、スペイン語や英語に限らずです。

 

というわけで、僕がどのようにしてスペイン語を独学だけで勉強していたのか、という話はまた後日書くことにしまして…

今回は、スペイン語を勉強する前にまず知っておくべきことを書いていこうかなと思っています!

「language」の画像検索結果

そもそも、スペイン語という言語はヨーロッパのスペイン🇪🇸から生まれた言語です。

まあ、当然ですよね(^^;)

 

しかし現在、スペイン語が公用語となっている国は全部で21カ国もあります…!

  • スペイン🇪🇸(ヨーロッパ)
  • メキシコ🇲🇽(北米)
  • キューバ🇨🇺(カリブ海)
  • ドミニカ共和国🇩🇴(カリブ海)
  • プエルトリコ🇵🇷(カリブ海)
  • グアテマラ🇬🇹(中米)
  • エルサルバドル🇸🇻(中米)
  • ホンジュラス🇭🇳(中米)
  • ニカラグア🇳🇮(中米)
  • コスタリカ🇨🇷(中米)
  • パナマ🇵🇦(中米)
  • コロンビア🇨🇴(南米)
  • ベネズエラ🇻🇪(南米)
  • エクアドル🇪🇨(南米)
  • ペルー🇵🇪(南米)
  • ボリビア🇧🇴(南米)
  • パラグアイ🇵🇾(南米)
  • チリ🇨🇱(南米)
  • アルゼンチン🇦🇷(南米)
  • ウルグアイ🇺🇾(南米)
  • 赤道ギニア🇬🇶(アフリカ)

 

はい、この21か国です!

どうだったでしょうか?

断トツで中南米諸国が大半を占めているのが分かると思います。

そして、ここでまず知っておかなければいけないのが、それぞれの国ごとに発音やアクセント、使われる単語などが変わってくるんです。

 

例えば、南米のコロンビアやエクアドル、ペルーあたりの地域のスペイン語が一番中立的で、発音もアクセントも綺麗なスペイン語だと言われています。

日本語でいう、東京の標準語という感じですね(^^)

 

「え?スペイン語ってスペインの言語なんだから、スペインのスペイン語が標準語なんじゃないの?」

と思った方!

おそらく、正しいスペイン語はスペインのスペイン語なんだろうと思います(^^;)

僕の嫁もそう言っていました。

僕の嫁によると、中南米諸国でも学校ではスペイン本土のスペイン語を教わるらしいのですが、実際にそのスペイン語を使う人はいないみたいです。

面白いですね(^_^)

 

僕のケースでいくと、僕のスペイン語は完全にエクアドル寄りのスペイン語となっています。

スペイン人のスペイン語は、少し会話すればすぐにスペイン人だとわかってしまいます(笑)それくらい、使われる単語とアクセントに特徴があります。

例えば、スペイン本土のスペイン語の場合、人称代名詞(英語でいうWeやYouにあたるもの)は以下のようになります。

 

(私)Yo

(君)Tú

(あなた)Usted

(彼)Él

(彼女)Ella

(私たち)Nosotros、Nosotras

(君たち)Vosotros、Vosotras

(あなたたち)Ustedes

(彼ら)Ellos

(彼女ら)Ellas

 

ここで、緑色の部分のVosotros、Vosotrasというのは、実はスペインでしか使われません。

そのため、僕はVosotros、Vosotrasという人称代名詞は一度も使いません…!

エクアドルを含め中南米諸国では、「君たち」も「あなたたち」もUstedesを使用します。どんな場合でもこれしか用いません。

まあ、これはまだほんの一部の違いに過ぎないのですが…

 

このように、国によって使われる単語や発音、アクセントが大きく変わってくるので、スペイン語の勉強を始める前にまず、自分がどの国のスペイン語を勉強したいのかをしっかり押さえておく必要があります。

なぜなら、この部分を曖昧にしたままスペイン語の勉強をしているとそのうちそれらの違いに直面し、混乱してスペイン語学習が続かなくなってしまう可能性があるからです!

なので、スペインに行きたい!という人ならスペイン本土のスペイン語、メキシコに行きたい!という人ならメキシコのスペイン語というように、自身の目的に合わせてスペイン語の勉強をすることを強くお勧めします。

ちなみに、書店で販売されているスペイン語の本はほとんどがスペイン本土のスペイン語対象となっていますので、購入する前にしっかり確認してから購入することを忘れないでくださいね(^^;)

f:id:Kantito:20191029202711j:image

 

はい!ということで、今回はスペイン語を勉強する前にまず知っておくべきこと、というテーマで書かせていただきました!

次回からはスペイン語学習のブログを書いていこうと思っていますので、スペイン語を勉強したいと思っている方はぜひ(^^)

 

今回も僕のブログを読んでいただき、ありがとうございました!Muchas gracias!!

それではまた!Chao!