Kantito

エクアドル人の妻との日常やスペイン語学習、国際結婚、遠距離恋愛の秘訣、エクアドルの文化など、色々なテーマのブログを書いています!

個人的に発音が難しいスペイン語の単語

¡HOLA!

どうもこんにちは、Kantitoです^ ^

 

さて、今回は僕が個人的に思う発音が難しいスペイン語の単語を紹介していきたいと思います!

我々日本人にとってスペイン語の発音の中でも特に難しいのは、やはりRとLの区別巻き舌のRRでしょう。

特に個人的にはnやs、iの後に来る巻き舌は未だに難しいです(^^;)

というわけで、ざっと見ていきましょう!

irreemplazable

まずはこの単語。僕の苦手パターンです。

iの後に続くrrですね。

僕はこのパターンの単語を発音する時いつも苦労します(^^;)

発音は「イレエンプラサブレ」で、意味は「代えられない」「かけがえのない」という意味です。

 

honrado

はい、こちらも苦手な単語です。

このnの後に続く巻き舌の難しさ、わかる方いないですかね…

僕はつい最近までこのタイプの発音ができませんでした(^^;)

発音は「オンラード」、意味は「光栄な」「誠実な」「正直な」です。

 

enrique

はい、こちらも「honrado」同様、nの後にくる巻き舌のrですね。

これは「エンリケ」という人物名なんですが、実際にスペイン語圏ではこのような名前がとても多く、この単語に触れる機会が多いと思ったので取り上げました(^^)

 

reloj

はい、こちらは僕が個人的に発音できるようになるまで時間がかかった単語です(^^;)

巻き舌のrで始まり、連続してlの発音がくる単語です。

この手の単語は他にもたくさんありますが、個人的にはなぜかこの単語を発音するときは未だに手こずることがあります。

発音は「レロホ」、意味は「時計」です。

 

refrigeradora

この単語は僕がほんとに手こずった単語です(^^;)

まず単語が長いし、rの音が多いです。巻き舌も入ってます。

発音は「レフリヘラドーラ」、意味は「冷蔵庫」ですね。

他のスペイン語圏の国では「refrigerador」と表記するらしいですが、エクアドル🇪🇨では「refrigeradora」が使用されています。

 

computadora

こちらは「パソコン」という意味の単語ですが、なぜか僕はこの単語を上手に発音できません(^^;)

発音は「コンプタドーラ」ですが、僕は「プ」の次の「タ」をなぜか上手に発音することができません(笑)

これはもしかしたら僕が個人的に発音が難しい単語なのかもしれません(^^;)

 

ちなみに、エクアドルを含めた中南米の国々では「パソコン」のことを「computadora」と言い、スペインでは「ordenador」と言うらしいです。

 

otorrinolaringólogo

はい、最後はこの単語です。もう単語が長すぎてなんじゃこりゃという感じだと思いますが…

オトリノラリンゴロゴ」と発音します。

この単語は僕も未だに発音するときに噛んでしまいます(^^;) まあ、あまり使う単語ではないですけどね(笑)

意味は「耳鼻科医」です。

 

余談ですが、スペイン語では「〜医」というときは「〜ólogo」で終わる単語が多いです。

 

例:

  • odontólogo「歯科医」
  • cardiólogo「心臓外科医」
  • gastroenterólogo「消化器科医」
  • psicólogo「精神科医」
  • anestesiólogo「麻酔科医」

f:id:Kantito:20191105165555j:image

 

はい、どうだったでしょうか?

やはりスペイン語で難しいのはLとRの区別と巻き舌ですね…

これらの発音をマスターするには、ひたすら発音の練習するしかありません…!

僕も、発音が難しい単語はひたすら繰り返し練習しています。

 

それではまた!Chao!